スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.09.18.22:12

先日のおもちゃフェスタで、私が担当したのは、糸かけ模様作りコーナーです。
糸かけもようつくりは、シュタイナー教育で、数の不思議を体験する教材の一つとして用いられているそうです。

輪切りにした切り株に、ゲージに沿って釘を打って、釘に一定の間隔を取りながら色糸をかけて模様を作ります。この間隔、素数で割り振られてるんです。
素数ってなんだっけ、そういえば、小川洋子さんの「博士の愛した数式」にも出てきた気がする。1とその数でしか割れない数字なんですね。習った気がするけど、すっかり忘れてる文系の私。

素数は美しいっていう、その感覚は、ちょっとよくわからないけど、素数にしたがって糸をかけた模様は、間違いなく美しかったです。

糸かけもよう1

糸かけもよう2

少し面倒だけど、作業はとってもシンプル。根気よくやれば、小学生さんくらいから、できちゃいます。
出来上がったら、フックを付けて、壁飾りに。
虹のような、太陽のような、星のような。
くるりのワークショップに取り入れたい、一品でした♪

kei*fukushima
いらっしゃいませ♪     ポチっと押してね!  
くるりblogバナー   育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】   にほんブログ村 子育てブログへ   広島ブログ
関連記事

comment

Secret

プロフィール
 ☆お店はこちらからどうぞ☆ くるりshopバナー2.png

くるり

CalendArchive
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。