スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴン・ディエゴ

2012.10.17.22:23

2010年ドイツキッズゲーム大賞受賞のドラゴン・ディエゴ
火の玉をうまくはじいて的を狙います。

火の玉はビー玉
ドラゴン役が狙う的は、タイルカードに描いてあります。
こっそり見てね。
DSC01625.jpg
狙い澄まして3つの火の玉をはじいて・・・
DSC01626.jpg
ほかの人は、ドラゴンがどこを狙ったのか、予想します。
今回は、火の玉ビー玉、ダイヤと杯と金貨の的に入ってますね~
ドラゴンはどこに入れたかったのかな?

予想した人は自分の手札から予想カードを出し、ドラゴン役はお題のタイルカードを出して一斉にめくります。
じゃーん。
DSC01631.jpg
なんと、お題は、剣でした。
ビー玉が剣に一個も入ってないじゃん!!!

怒らないで・・・そう、下手なドラゴン相手には予想も難しいのです。。。

予想した人は、当たっていたら、自分のドラゴンを得点メーター1マス分進めます。
ドラゴンは、お題の的に入った数だけ、得点メーターを進みますが、今回は動けませんね。

得点メーターは、ボードの淵。キュートです。

順番にドラゴン役をやり、三周したら、ゲームは終了。
得点メーターを一番進んだドラゴンの優勝です。

ルールを読んだときは、本当にこれが子どもゲーム大賞???
と思ったのですが、意外といける。
手番でない人も、参加できるのも良いし、ありえない結果に笑っちゃう。
なにしろ、ドラゴン役の手技が上手いか下手かも考えて予想しなくっちゃいけないのです。
ドラゴンになったら、3個とも的へ入れる気まんまん。
入った的はすべて得点になるんですから、予想を当てられたって、3マス進む方が良いに決まってる。
ところがどっこい、そうは問屋がおろしません。
入らないんだなあ、これが。

結果、「えええええ???まじ?そこ?」
「おかあさん、下手すぎ
ってことになるのです。

ルール通り、ドラゴン役3回づつで終わると、お題のタイルカードはいっぱい余るし、得点メーターもそんなに進めません。(すっごく火の玉飛ばしがうまくて、ぜんっぶ、予想も当たったら、いけるんですよ)
我が家は、早く終了しちゃって物足りなかったので、得点メーターのゴールにたどり着いた人が優勝ってことにして、長々続けました。

小さい人たちは、長すぎるゲームは疲れちゃうから、このくらいでちょうどよいのかも知れませんね。
将棋やチェスと違って、どんどん、我が家ルールに変えちゃって良いのです。
面白いルールができたら、めっけもの。

11月10日のボードゲーム・カフェでも、紹介しようと思ってます!


kei*fukushima

いらっしゃいませ♪     ポチっと押してね!  
くるりblogバナー   育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】   にほんブログ村 子育てブログへ   広島ブログ
関連記事

theme : おもちゃ
genre : 育児

comment

Secret

プロフィール
 ☆お店はこちらからどうぞ☆ くるりshopバナー2.png

くるり

CalendArchive
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。